あまり他人に教えたくない風俗

事実、いろいろなものがありますね

事実、いろいろなものがあるのが風俗の良さだと思うので、風俗に関しては自分でもいろいろなことを楽しんでいるんですけど、いろんなジャンルがあると思うんですけど、選べるのが良いじゃないですか。選べるのって、考えてみたら自分の良いものばかりを選べるじゃないですか。そこがいいんですよ。だって自分で選べるだけのものがあるってことじゃないですか。仮にですけど、選択肢が少なかったら結局は楽しむのかどうかという点しか選択肢がないので、白か黒かって話になっちゃいますけど、でも風俗であれば選択肢が多いので、自分に合うものだけを楽しめるんですよね。そこが大きなメリットなんじゃないかなって思うんですよ。それに、その日の気分でいろいろと楽しめるのもあるので、ジャンルを見極めつつ、自分の好きなように楽しめるとあって自分の中で風俗ほどありがたいものはないんですよね。それはきっと、これからも変わらないんじゃないかなって思っていますけどね。

給料日は目安ですね

誰もが楽しみにしているであろう給料日は、自分ももちろん楽しみです。給料が入ったら楽しみたいことはいろいろとありますけど、必ず実践しているのは風俗くらいですね(笑)それ以外のことは頭の中でぼんやりと楽しんでみたいなとは思うものの、実際に楽しむことはそうそうないんですよね。でも風俗に関しては絶対に実行しています。それだけ自分の中で風俗が特別な存在になっているとは思うんですよね。だからこそ、給料日は一つの目安になるんですよ(笑)なぜなら、風俗の世界でもやっぱり給料日後って混み合うんですよ。誰もが給料日直後くらいは…って気持ちを持っているってことだと思うんですけど、自分もそこが一つのラインというか、給料日になったらいろいろと考えますよね(笑)ただ、本音を言えば給料日直後は風俗も混み合っているので、そこを避けて少ししてから遊びたいんですよ。でも、自分の本能がそれをさせないで、給料日にスイッチが入っちゃうんです(笑)