あまり他人に教えたくない風俗

デリヘルだと自分の気持ちが出せる

そこまで深く考えていた訳じゃないんですけど、最近は風俗はデリヘルばかりですね。デリヘルの方が気楽に楽しめるというのもあるんですけど、風俗店ではなくホテルでのプレイという点が自分に合っているのかもしれません。例えばホテルだと、話の間を埋めるものがたくさんあるじゃないですか。話術に自信のない自分にとって、女の子との空間をどう過ごすのかも結構重要なんですよ。だから風俗ではどうして気まずさのようなものを感じてしまうこともあるんです。女の子のせいじゃなく、自分の話術の低さがそれを招いていることくらいは分かっているんですが(苦笑)でも、デリヘルだとテレビもあれば他にもいろいろとあるので、それらを使えば良いんですよね。だからかデリヘルの方が距離を縮めやすいというか、自分の気持ちを出しやすいってことにも気付いてきたんですよね。デリヘルばかりになっているのは、きっとそういったこともあるんじゃないかなって思っていますけどね。

貴重。この一言に尽きるんです

まさに「貴重」という一言が、自分にとっての風俗を象徴しているのかなと思いますね。退屈で平凡な日常生活の対極にあるものじゃないですか。女の子と自由に楽しめる世界があるんです。日常生活の中では、女の子と言う存在そのものがもはや非日常的なものになっている自分にとって、風俗の存在はまさに貴重そのもの。いろんなジャンルやバリエーションもあるので、誰を指名しようかや、どのジャンルにしようかなども含めて本当にいろんな気持ちにさせられるのが風俗ですけど、とにかく一つだけ言えるのはとっても楽しいってことですね(笑)普通の生活を送っている時には、まず遭遇しないであろうシチュエーションじゃないですか。そのシチュエーションを思う存分楽しめるとあって、風俗は本当に楽しいなって毎回のように思えるんですよね。だからこれからも風俗に関してはもっともっと積極的に楽しんでいきたいなって思っていますし、価値観も広げたいなって思いますね。