あまり他人に教えたくない風俗

美人すぎる風俗嬢。その通りでした

最近「美人過ぎる○○」とか流行っているじゃないですか。美人すぎる海女さんとか、美人すぎるアスリートとか。男からすればそれは歓迎すべきものなんですけど、この前の風俗嬢はまさに「美人すぎる風俗嬢」でしたね。あれは顔のパーツってことなんでしょうね。本当に美人です。自分でも驚くくらいの方等に美人。顔だけで判断するなら、彼女はモデルとか女優とかそっち方面でも活躍できるというか、そこら辺のモデルに入っても、違和感ないレベルと言っても良いんじゃないかなって思う程の美人。そんな美人との一戦だったんです。燃えない訳がないじゃないですか。本当にそれだけでも自分の中でかなり楽しい一戦になりましたね。むしろそれが何よりも楽しかったのもあって、やっぱり風俗って楽しいなと思ったとともに、美人を選んでおけば間違いないんだなってことにも気付かされたような気がするんですよね(笑)それくらい、最高の時間を味わえたなっていう手応えもありましたし。

適度な距離だからいいんですよ、風俗は

恋人でなければ妻でもなく、セフレでもない。でも性的なことを楽しめるのが風俗ですけど、これが良いんですよね。適度な距離じゃないですか。プレイ中は気分を盛り上げるべく、距離を縮めることはありますけど、あくまでもプレイ中だってことくらいこっちだって分かっています。ある程度、適切な距離を取るべき存在だってことくらいはさすがに自分でも分かっています。そして、だからこそいいんですよね。友人や知人には言えないようなことでも言えるじゃないですか。ましてや恋人とかパートナー相手にも黙っておきたい。そうなると、言える相手がいないじゃないですか。でも自分一人では消化しきれないので、誰かに話を聞いてもらいたい。そして忘れたい。そんな時には風俗一択なんじゃないですかね(笑)風俗に行くじゃないですか。そして、そこで愚痴って話を聞いてもらって、さらには奉仕してもらってスッキリする。誰かに漏れてしまリスクもないので安心ですし。