あまり他人に教えたくない風俗

ボーナスが入った喜びを胸に西川口の風俗へ

転職した先ではボーナスがあるんです。それだけで嬉しいですよね。それまでの職場ではボーナスなんてありませんでした。一応はあったんですけど、本当に寸志という名の雀の涙程度の金額で、ボーナスが入ったなんて周囲には言えないレベル。でも今度の職場はちゃんとボーナスがあるんですよ(笑)それならってことでこの前は会社近くの西川口の風俗に行ってきたんです。
ボーナスの使い方って何だろうって思った時、正直あまり思い浮かばなかったんですよ。貯金して終わりかなって思ったんですけど、それはそれで勿体ないかなって。それよりも、風俗なら手軽だし、そこまで大げさじゃないし。かといっていつもの自分のお給料だけではちょっと厳しいかなって思うものなので、ボーナスの使い道としてはピッタリかなと(笑)
それにボーナス全額風俗で楽しむ訳ではないですしね。だから風俗はぴったり。それで喜び勇んで西川口に行って来ましたけど男として満たされたんじゃないかなって思いますし、大満足出来ました。

あの風俗嬢のフェロモンは凄かった

なぜ彼女のフェロモンがあそこまで凄いのかなって理由までは分かりませんけど、でもそれはそれでとっても凄いなって思いますよ。だってこれまで西川口で利用した風俗で初対面の段階でドキドキしたのは彼女が初めてです。
しかもそのドキドキは美人でラッキーっていうドキドキではないんです。この子がこれから自分のために…みたいなドキドキなんですよね。女の子としてではなく、会った時点で既に風俗嬢としての存在感に圧倒されていたってことなのかもしれません。なんで彼女にそれを感じたのかまでは自分でもよく分かりません。
ただ、いわばそれだけ期待値が高まっていたってことだと思うんですけど、彼女のいる西川口の風俗でその期待値以上のプレイを楽しむことが出来たんじゃないかなとは思いますよね。快感っていろんなタイプがあると思うんですよ。それだけに、今回の風俗ではどんな快感が待っているのかを考えるのもそれはそれでとても大切になってくるとは思うんですけど、彼女に関しては自分の想像以上だったんです。